会社から給料の前借をしてみる

会社から給料の前借をしてみる

法的に会社側が給料の前借を認めるよう決められている事はありませんが、やもえない事情が発生した際には許可されているため利用してみるのも良いでしょう。出産や病気、災害など前借が法的に利用できるケースもあるため、急にお金が必要になった時には相談してみる事をおススメします。
このときのやもえない事情は労働基準法によって指定されています。出産、病気、災害に関しては給料の支払前であっても、企業は従業員に対し給料の支払を行わなければならないとされています。これらの理由は従業員となる人だけでなく、妻が出産したり、家族が病気になった時にも認められています。更に、これ以外でも会社側が必要と判断すれば、前借を許可してくれる場合もあるのです。
また、前借とはいっても既に働いた分のみを給料日前に支払ってもらうのみです。通常は締め日があってそれまで働か無いと支払われませんが、やもえない事情があれば締め日の前でも利用できるというものです。それ以上の額となってくると貸付となり、多少事情が異なってくるため注意しましょう。その際にはきちんと借用書を作って賃金を借りることとなります。それに給料の前借は社会的な立場が悪くなる事もあるため、本当に必要なのかはよく考えてから利用するようにしてみて下さい。